地名と云うこと




「仙台」と云う地名があります、青葉城にある、お城の名から
千体城,、千代城となり戦国大名伊達政宗公時代に仙臺城と
名付けられ、やがて仙台城となり、「地名」となり現代に
受け継がれてきているようです

この頃の書物により言い伝えられていることです
確認をとりながら現代まできましょう

尚、当ブログでは伊達仙台藩を全域観ているわけでは
ありません
現在の「仙台」と呼ばれている地域周辺に関しての考察です
ご了承ください


地名
築城にとりかかったのは1601年1月28日となっております
藩主は伊達政宗公です

数理変換から始めます

1601年1月ですから年月共に前年数理で観ることに
なりますから、7数子年・5数丑月となります

年月盤を観ます

1601年    1月

6 2 4    4 9 2
5 7 9    3 5 7
1 3 8    8 1 6

X2・X9    X2

陰数理も観ます

4数子年    6数丑月

3 8 1    5 1 3
2 4 6    4 6 8
7 9 5    9 2 7

X3・X8    X3・X7   ▲1 

となります

陰数理A-4-6、陽数理A-7-5となります
明媚な景観を漂わせている都市ですが、経済活動には、
住民も地域も積極的で、財力がないと外部からは
入り込めない地域としての資質があります


はじめに陽数理波動をとります

1600~1606  7子・7子
1607~1613  8丑・6亥
1614~1620  9寅・5戌
1621~1627  1卯・4酉
1628~1634  2辰・3申
・・・
・・・
1775~1781  5丑・9亥
1782~1788  6寅・8戌
1789~1795  7卯・7酉
・・・
・・・
1859~1865  8丑・6亥
1866~1872  9寅・5戌
1873~1879  1卯・4酉
1880~1886  2辰・3申
1887~1893  3巳・2未
1894~1900  4午・1午
1901~1907  5未・9巳
1908~1914  6申・8辰
1915~1921  7酉・7卯
1922~1928  8戌・6寅
1929~1935  9亥・5丑
1936~1942  1子・4子
1943~1949  2丑・3亥
1950~1956  3寅・2戌
1957~1963  4卯・1酉
1964~1970  5辰・9申
1971~1977  6巳・8未
1978~1984  7午・7午
1985~1991  8未・6巳
1992~1998  9申・5辰
1999~2005  1酉・4卯
2006~2012  2戌・3寅
2013~2019  3亥・2丑
2020~2026  4子・1子
2027~2033  5丑・9亥
2034~2040  6寅・8戌
・・・
・・・

となってます



つぎに陰数理波動を観ます

1600~1603  4子・4子
1604~1607  3亥・5丑
1608~1611  2戌・6寅
1612~1615  1酉・7卯
・・・
・・・
1788~1791  2丑・6亥
1792~1795  1子・7子
1796~1799  9亥・8丑
1800~1803  8戌・9寅
・・・
・・・
1860~1863  2未・6巳
1864~1867  1午・7午
1868~1871  9巳・8未
1872~1875  8辰・9申
1876~1879  7卯・1酉
1880~1883  6寅・2戌
1884~1887  5丑・3亥
1888~1891  4子・4子 
1892~1895  3亥・5丑
1896~1899  2戌・6寅
1900~1903  1酉・7卯
1904~1907  9申・8辰
1908~1911  8未・9巳
1912~1915  7午・1午
1916~1919  6巳・2未
1920~1923  5辰・3申
1924~1927  4卯・4酉
1928~1931  3寅・5戌
1932~1935  2丑・6亥
1936~1939  1子・7子
1940~1943  9亥・8丑
1944~1947  8戌・9寅
1948~1951  7酉・1卯
・・・
・・・
2000~2003  3申・5辰
2004~2007  2未・6巳
2008~2011  1午・7午
2012~2015  9巳・8未
2016~2019  8辰・9申
2020~2023  7卯・1酉
2024~2027  6寅・2戌
2028~2031  5丑・3亥
2032~2035  4子・4子
2036~2039  3亥・5丑
・・・
・・・

となってます

「興した時間」が正しいのか否か、、、
判別法は、その時代の「出来事と波動を照合」することです

次に

現代までに、仙台を巻き込んだ数々の事件や事態があります
これを時系列で照合することも一つの歴史確認に
なると考えます

その出来事が
陽数理波動ではどう出ているのか、
陰数理波動ではどうであるのか、
陽数理波動でも、順流ではどうか、逆流ではどう表れるのか
陰数理波動では、順流では何を現し、逆流ではどのように
表現しているか

これらの案件を、精査することは洞察力につながります
主だったものを下記列挙しておきます

・1611年12月02日 慶長三陸地震
・1793年02月17日 寛政地震
・幕末より~1868年 東北戦争
・1896年06月15日 明治三陸地震
・1933年03月03日 昭和三陸地震
・1945年07月10日 太平洋戦争仙台空襲
・2011年03月11日 東北地方太平洋沖地震    


このなかから、いくつかお話しします

ここでは、「東北戦争」を中心にお話ししましょう
歴史書を紐解くのではなく、「仙台」という地質が記憶する
固有の媒体の中を分け入ります

*東北戦争
1868年当時、陽数理波動では9数寅・5数戌となります
「仙台」と云う地名自体に、熱気を帯びると
混乱と崩壊をおこしやすいモノを含んでおります(E-2-9)

1601年   1月

6 2 4   4 9 2
5 7 9   3 5 7
1 3 8   8 1 6

X2・X9   X2

順9数寅   逆5数戌

8 4 6   4 9 2
7 9 2   3 5 7
3 5 1   8 1 6

X4・X6   X4

波動を診ると1866年頃より、激動期に入っております
陰数理波動を観ますと順流9数巳波動
陽数理波動は順流9数寅波動となり共鳴貫通、
激動期がそのまま城主の心労となっております

時代相としても、荒廃した混迷の時代です
別の観方をすれば「9数巳・8数未」波動でもあり、
右からつつかれ、左から急かされ、錯綜・8のなか、
理解不能で決断がつかない状態・9でしたでしょうか


*太平洋戦争仙台空襲
陽数理波動は1943年より「2数丑・3数亥」の時間帯です
陰数理波動は1944年から1947年まで「8数戌・9数寅」です
これは両波動が相互に破壊しあっている型
意味合いは、「くまなく(2)爆撃(3)することで、建物(8)すべて
消失化(9)すること」と、読めてきます

*東北地方太平洋沖地震
陽数理波動は「2数戌・3数寅」の破局期
陰数理波動は「1数午・7数午」の水禍破局期
向かうはE場、逃げ惑う人々(9・2)を、
爆発的(3)な水流(1)の壁(8)が容赦もなく襲いかかる
(5・7)と云う意味合いにもとれる


この3例は破局性の表面化としては比較的ストレートな
発現の仕方です
このほか、地震についても歴史上まれな震災ばかりです
これらが、「仙台」におよぼした影響が、どのようなかたちで
・現れているのかも、お考えください
・現れていないならば、どうしてあらわれないのか
・一見現れてないように見えるだけなのか

吟味することです


出来事から波動数を観る限り1601年1月28日の築城開始と「仙台」の呼称のはじまりは
歴史事実のようです
陰数理波動、陽数理波動を照らし合わせますと、諸問題が
浮き出てきます

「地勢」を診るにも、なにを基準にみていくのか
「地名」を観るにも、何をもって基準とするのかです
正しい地勢を観るには正しい地名で診るわけです

正しく地名を選定して、地勢を鑑みれば
「仙台」ならば仙台周辺地域の動静を観ることが出来ますから、
自然、地震の予知にも繋がり、
自然、地震規模の判別も出来てきます

漠然とした当て推量で査定しているわけではないのです
誰しもが潜在に持っている霊覚を呼びさますこと
万物の霊長として人間が人間である所以です


今後、あなたのふるさとがどのような道をたどるのか
いま、再認識しておくことは大切なことではないでしょうか


以上、
http://www.japanesephilosophyculture.jp/



あとがき 
「名は体を表す」名言として伝わった聞きなれた言葉
体も態度も行動も名を求めて、さまよっている
「そぐう名」を求めて、名も変貌している
正しい名を冠して差し上げること
     

2017・10・08  補足追加
2017・10・11  一部追加















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック